レゴ®エデュケーション SPIKE™ プライム よくあるご質問 

以下のカテゴリーから選ぶ:

全般

ハブ

SPIKE アプリ

互換性

ロボット競技会

  

全般

1つのセットにつき推奨される生徒数は何人ですか? 

授業でお使いになる場合は、生徒2人につき1つのセットを使用されることを推奨しています。レッスン自体は、1人または、複数名のグループで1セット使用した場合でも容易に行うことができます。 

 

レゴ®  エデュケーション SPIKETM アプリは、どの言語で使用可能ですか? 

レゴ® エデュケーション SPIKETM アプリは、以下の21言語で使用可能です:英語(アメリカ)、英語(イギリス)、中国語、日本語、ロシア語、ドイツ語、オランダ語、フィンランド語、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語、フランス語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ポーランド語、トルコ語、ベトナム語、アラビア語 

 

追加サポートはどこで受けられますか? 

SPIKEアプリおよびオンライン 上から、 SPIKE プライム ヘルプがご利用いただけます。 または こちら からカスタマーサービスおよびテクニカルサポートをご利用ください。

 

セットの中に、番号のないブロックの袋があるのですが、これは何のためですか? 

組み立てプロセスでよく使われる、小さなパーツを集めた予備のパーツセットです。一番無くしやすいパーツとなりますので必要に応じて補充してください。予備パーツは、個別に購入していただく事も可能です。(2000719 - レゴ®エデュケーション SPIKE™ プライム補充パーツセット) 

 

トップに戻る 

ハブ 

SPIKE プライムの ハブを初めて利用する際はどうすればよいですか?  

ハブを SPIKE アプリに初めて接続するときは、最新のハブO S (ファームウェア) をインストールする必要があります。 その際、自動的にOSの更新を開始するように求められます。この初期更新は、現在Windowsまたは MacPCを使用したUSB接続でしか実行できません。初期更新後のOSアップデートは、互換性のあるデバイスからBluetooth経由で行うことができます。 

 

ハブのOSはどのように更新するのですか? 

ハブのOSは、SPIKE アプリから更新します。新しいハブのOSが使用可能になると、SPIKE アプリのプロジェクトページで、[ダッシュボード]のタブに、[更新]と表記されたボタンが表示されます。このボタンを押すと、最新のハブOSがダウンロードされ、インストールされます。ハブOSは、常に最新のもの をインストールしてください。 

 

Bluetooth経由でハブのOSを更新できますか?  

更新できます。ただ、ハブをSPIKE アプリに初めて接続する場合には、WindowsまたはMac PCのUSB接続を介してOSを更新する必要があります。 初期更新後のアップデートは、互換性のあるデバイスからBluetooth経由で行うことができます。 

 

ハブを出荷時設定にリセットするにはどうすればいいですか? 

ハブを工場出荷時の設定にリセットするには、プログラミングキャンバスのハブ接続アイコンを選び、[ダッシュボード]タブの[その他]ボタンを押して、[設定のリセット]を選択します。[OK]を押してリセットを確定します。、現在の設定を維持する場合には[取り消し]を押します。注意:ハブをリセットすると制作されたプログラムはすべて削除されます。一旦削除されたプログラムを復元することはできませんのでお気をつけください。 

 

ハブの名前はどのように変更するのですか? 

各ハブに個別の名前をつけることで、Bluetoothを使用する際などにハブを区別しやすくなります。名前が変更されていないハブに接続すると、SPIKE アプリによって自動的に名前の変更を求められます。

ハブの名前を手動で変更するには、プログラミング キャンバスの[ハブ接続]アイコンを選び、[ダッシュボード]のタブにあるの[その他]ボタンを押して、[ハブの名前変更]を選択します。新しい名前を入力してください。[OK]ボタンを押すと、変更が保存されます。元の名前を維持する場合には[取り消し]ボタンを押します。

ハブの元の名前はデバイスに保存されている可能性があり、新しい名前が表示されるまでしばらく時間がかかることがあります。Bluetooth経由で接続するときに、デバイスでハブの元の名前が表示され続ける場合は、デバイスのBluetoothのキャッシュをクリアしてください。もしうまくいかない場合は、Bluetoothデバイスの下に表示されるすべてのレゴのハブをremove/""forget"" してください。

 

Bluetoothを使用してハブをデバイスに接続するには、どうすればよいですか? 

ハブ上で、Bluetoothボタン(右上)を押してください。SPIKEアプリの接続センターで、利用できるハブのリストから、該当するお客様のハブを選択してください。ハブが接続されると、接続マネージャーは自動的に閉じます。プログラミングエリアに、接続が確立された事を知らせる通知が表示されます。

詳細な手順はこちらからご覧いただけます。

 

ハブにはどのタイプの電池が使えますか? 

ハブに使用できるのは、SPIKEプライムセットに付属しているハブ専用の充電式バッテリーのみです。充電式バッテリーは、セットに同梱されているマイクロUSBケーブルを使用してください。  充電式バッテリーは、ハブ内にある場合にのみ充電することができます。 充電式バッテリーは個別に購入いただくこともできます(45610 – レゴ® テクニック™ ラージハブバッテリー)。 

 

ハブの充電に推奨されるUSB充電器の種類は何ですか? 

信頼性の高いメーカーの高品質な充電器などで採用されているDCP-(Dedicated Charging Port)またはCDP-(Charging Downstream Port)タイプの充電器を使用することをおすすめします。

 

ハブのバッテリーを充電する場合、どのくらいの時間がかかりますか?

T"充電時間は、ご使用のUSB充電器の種類によって異なります。

- DCP(Dedicated Charging Port)またはCDP(Charging Downstream Port)を備えた充電器の場合:0%から充電完了するまでの充電時間は約2時間です。ほとんどの新しいノートパソコンのUSBポートや、AppleまたはSamsungのような信頼性の高いメーカーの純正OEM充電器は、通常2つのタイプのどちらかです。

- SDP (Standard Downstream Port)を備えた充電器の場合:0%から充電完了するまでの充電時間は約4.5〜5時間です。一般的な充電器の多くはこちらのタイプです。 "

 

ハブのバッテリー寿命を維持するにはどうしたらいいですか?  

ハブを長期間使用しない場合は、保管前にバッテリーをフル充電しておくことをおすすめします。バッテリーの充電が切れた状態でハブを保管することはおすすめしません。 また、保管前にハブからバッテリーを取り外しておくことで、バッテリーの寿命を延ばすことができます。 

 

ハブのエラーメッセージと点灯する色の意味はなんですか? 

ハブの起動または接続に問題がある場合に、色分けされたエラーメッセージが表示され、センターボタンが点灯する場合があります。エラーメッセージの概要と、その修正方法は次の通りです。

The Hub with center button flashing red.

センターボタンが赤く点滅している

ハブまたは実行しようとしていたプログラムにエラーがあります。プログラムのエラーを修正し実行してください。解決できない場合は、センターボタンを約3秒間押し続けてハブを再起動してください。

 

The Hub with center button flashing orange.

センターボタンがオレンジ色に点滅している

ハブのバッテリーが不足しています。USBケーブルでハブを接続し、バッテリーの充電を開始してください。

 

The Hub with center button flashing green. 

センターボタンが緑に点灯している

ハブが作動していません。接続が切れている可能性があります。センターボタンを約3秒間押し続けて再起動してください。

 

The Hub with center button flashing blue. 

センターボタンが青く点灯している

USBケーブルを使用したハブの更新が必要です。USBケーブルを使用してハブをデバイスに接続し、SPIKE アプリでハブOSの更新を開始してください。

 

The Hub with center button flashing violet. 

「Bluetooth」ボタンが紫/緑/青に点滅している

ハブOSが最近更新されており、ハブを再起動する必要があります。センターボタンを約20秒間押し続けて、ハブを再起動してください。

 

マイクロUSBケーブルを使用してハブをデバイスに接続できますか? 

接続できません。USB 2.0ケーブル A-Male to Micro B コネクタとAWG 24 ワイヤゲージを使用する必要があります。 SPIKEプライムセットに付属しているマイクロUSBケーブルのみを使用することを強くおすすめします。こちらは個別に購入することもできます(45611 - レゴテクニックマイクロUSB接続ケーブル)。 

 

トップに戻る 

SPIKEアプリ 

SPIKE アプリはどのプログラミング言語を使用して作成されていますか? 

SPIKEアプリは、Scratchベースの分かりやすいドラッグ&ドロップ式のプログラミング言語を使用しています。ブロックの一部はScratch 3.0で使用されているものと同じですが、その他のブロックはSPIKE プライムハードウェアと相互関連させながら使用するために特別に開発されています。 また、言語オプションとしてPythonを使ってテキストベースのプログラミングを行うことも可能です。 

 

SPIKEアプリで制作したプログラムはScratch 3.0と互換性がありますか? 

SPIKE アプリで制作したプログラムは、Scratch 3.0で使用することはできません (その逆も同様です)。 

 

どのオペレーティングシステムが SPIKEプライムと互換性がありますか?  

SPIKE アプリは、Win10、Chrome OS、iOS、Android、MacOSと互換性があります。 

 

SPIKE プライムがWindows 7 に対応していないのはなぜですか? 

Microsoftは、2020年1月にWindows 7 の有料サポートを含むすべてのサポートと、セキュリティアップデートを含む全てのアップデートを終了しました。以降、レゴ エデュケーションではWindows 10を対象とすることにしました。 

 

SPIKE アプリのChromebookバージョンに、USBサポートが無いのはなぜですか? 

SPIKE プライムは、Googleが最もサステナブルとして推奨している「ポート付きAndroidアプリ」としてChromebookにも対応しています。 現在ポート付きAndroid アプリは USB接続をサポートしていません。 

 

Pythonのどの バージョンが SPIKE アプリで使用できますか?  

SPIKE アプリのPythonエディタは MicroPythonを使用しています。これは、マイクロコントローラーや小型コンピューターでの実行に最適化されたバージョンのPython言語で、効率が良く、一般的に使用されています。 MicroPythonには、ほとんどのPythonの言語機能が 含まれています。 ですが、MicroPythonの初期設定には、Pythonライブラリ全体は含まれていません。

 

 

トップに戻る 

互換性 

SPIKE プライムは、教育版レゴ®マインドストーム®EV3と互換性がありますか? 

教育版レゴ®マインドストーム®EV3はRJ12プラグシステムをベースにしていますが、SPIKE プライムは、レゴ社独自のプラグシステムであるLPF2プラグシステムが使用されています。プログラミングの面での後方互換性もありません。

 

SPIKE プライムはWeDo 2.0との互換性はありますか? 

SPIKE プライムとWeDo 2.0のハードウェアは同じプラグシステムを共有しているため、互いに連結することはできますが、SPIKE プライムとWeDo 2.0ハードウェアを組み合わせてSPIKE アプリやWeDo 2.0アプリでプログラミングすることはできません。 

 

トップに戻る 

ロボット競技会 

FIRST® LEGO® LeagueやWROでSPIKE プライムを使うことはできますか? 

使用できます。FIRST LEGO Leagueでは2019年シーズンから、WROでは2020年から使用が許可されています。 今後のロボット競技会では、教育版レゴ®マインドストーム®EV3とSPIKE プライムの両方が使用できるようになる予定です。 

 

トップに戻る 


LEGO, the LEGO logo, the SPIKE logo, MINDSTORMS, and the MINDSTORMS EV3 logo are trademarks of the LEGO Group. ©2019 The LEGO Group.

FIRST® and the FIRST logo are trademarks of For Inspiration and Recognition of Science and Technology (FIRST). LEGO, the LEGO logo, and MINDSTORMS are trademarks of the LEGO Group. FIRST LEGO League and FIRST LEGO League Jr. are jointly held trademarks of FIRST and the LEGO Group.