Bluetooth Low Energyドングル使用時の注意点

Windows7でWeDo2.0ソフトウェアをご使用の際の注意点をまとめました。
  1. 動作環境をご確認の上、WeDo 2.0ソフトウェアをダウンロードしてください。
  2. インストーラーファイルを開いてインストールを開始します。
  3. Bluetooth Low Energy ドライバーをインストールするか尋ねられた際は、「インストールする」をクリックします。.
  4. BLE BlueGiga ドングルを挿入します。
  5. WeDo 2.0を起動します

Q: 私のWindows7のデバイスはBluetooth Low energyに対応していないのですが?

A: WeDo 2.0ソフトウェアにはデバイス側でのBluetooth Low Energy (BLE)への対応が必須です。通常、Windows7のデバイスはBLEに対応しておりません。一般的に知られているBluetoothとBLEは異なる機能とお考えください。Windows7上でBLEを対応させるには、推奨のBluegiga BLED112 Bluetoothドングルをご使用ください。他のタイプのドングルは、WeDo 2.0ソフトウェアのWindows7上での使用をサポートしておりません。


Q: ドングルとWeDo 2.0のスマートハブと接続できません。ソフトウェア内の接続ウィンドウにハブが表示されません。

A: ソフトウェアを必ず一旦終了させて、以下のステップをお試しください。

Step 1

ドングルが正しくインストールされているかを確かめます :
Windows 7デバイス上でデバイスマネージャーを開きます。ドングルは”ポート(COMとLPT)”の下に、”Bluegiga Bluetooth Low Energy”として、表示されていなければなりません。

Step 2

原因は特定のUSBポートに関連しているかもしれません。ドングルを抜いて、他のUSBポートに差し込んでみてください。Windowsがドングルを認識し、デバイスマネージャーに正しく表示されていることを確認します。上記作業を行った後、WeDo 2.0を実行する前に、デバイスを再起動することをお勧めいたします。

Step 3

COMポートの割り当てが競合していないかを確かめます。以下画面を例としてご覧ください。

WeDo 2.0 Windows 7 Support

上記の画面では、”Bluegige Bluetooth Low Energy” がWindowsによってCOM3に誤って割り当てられてしまっている一方で、”Intel® Active Management Technology – SOL”が同じCOM 3に割り当てられてしまっています。
この現象は特定のシステム構成でまれに起こります。

  1. 変更するには、Bluegiga Bluetooth Low Energy を選択し、右クリックでプロパティを選択します。
  2. ポート設定タブをクリックします。
  3. ポート設定で”詳細設定”をクリックします
  4. ”詳細設定”の”COM ポート番号”で一覧が表示されます。
  5. 使用されているCom ポートは”使用中”としてドロップダウンに表示されます。
  6. 使用されていない新しいCom ポートを選びます。
  7. OKをクリックし、デバイスマネージャーに戻ります。
  8. Bluegiga Bluetooth Low Energy が他のハードウェアと同じComポートを共有していないことを確かめます。
  9. この後、デバイスを再起動してください。再起動後、WeDo 2.0を実行してください。

The maximum quantity of an item that can purchased in each transaction is 99.

To inquire about purchasing more than 99 of one item, please call 800-362-4738.