教育版 レゴ マインドストーム EV3 基本セット

自動駐車

運転手による操作なしに安全に自動駐車できる車をデザインします。

45~90分
入門
小学校高学年・中高
auto-parking-connect

CONNECT(結びつける)

5分

次の質問を使って議論を促しましょう: - 自動駐車はどのような仕組みですか? - 自動駐車を安全にするには何が必要でしょうか? - 自動駐車はどのような動作が必要ですか?子どもたちに、自分が見つけたアイデアを記録して共有するためのツールを選んでもらいましょう。文章、動画、画像、スケッチブック、あるいはそのほかのクリエイティブな手段を使って、自分の考えを記録してもらいます。

Construct(組み立てる)

15~30分

準備 次のタスクへ進む前に、ロボットが通らなければならないルートに印をつけ、タスクを完了するのに必要なスペースが十分に確保されていることを確認してください。大きなテーブルや床の上を利用するとよいでしょう。

組み立て 子どもたちはロボットエデュケーターの基本モデル(簡単な車輪つきロボット)を組み立てます。

ev3-robot-driving-base

プログラミングに取り組む前に、下のリストを使って子どもたちに組み立てチェックをしてもらいましょう: - モーターからポートBとCの間は正しく配線されていますか? - 車輪は正しく取りつけられていますか? - 車輪は自由に回転していますか?プログラム EV3 プログラミングソフトウェア(またはアプリ)で新規プロジェクトを作成してもらいます。練習として、ロボットに方向転換をさせるプログラムを作成してもらいます。車輪つきロボットを動かす様々な方法を考えるよう子どもたちを促してください。使用する各ブロックのパラメーターを変更すると何が起きるかを説明してもらいましょう。回答例:方向転換

coding-01-01

1.プログラムを開始します。2.駆動ベースを右に回転させ1.5秒後に停止します。3.駆動ベースを左に回転しながら後退させ1秒後に停止します。4.駆動ベースを3秒間前進させます。

サンプルプログラムをダウンロード7 KB、EV3 デスクトップソフトウェアが必要

注意 詳しいサポートが必要な子どもたちにはロボットエデュケーターチュートリアルを見るように言いましょう。EV3 ソフトウェアでは:ロボットエデュケーター > ベーシック(駆動ベース) > 直線運動ロボットエデュケーター > ベーシック(駆動ベース)> 曲線運動ロボットエデュケーター > ベーシック (駆動ベース)> タンク移動EV3 プログラミングアプリでは:ロボットエデュケーター > 曲線運動

CONTEMPLATE(よく考える)

35分

子どもたちに以下の自動駐車シナリオから1つ好きなものを選ぶか、すべて挑戦してもらいましょう: - 縦列駐車 - 斜め駐車 - 並列駐車シナリオごとに異なるプログラミングキャンバスを使うようにしてください。子どもたちに、自分が見つけたアイデアを記録してみんなと共有するためのツールを選んでもらいましょう。文章、動画、画像、スケッチブックといったような、創造力を働かせる媒体を選ぶよう促してください。回答例:自動運転モードでの縦列駐車**

coding-01-02

1.プログラムを開始します。2.任意の速度でまっすぐ前進します。3.1秒間待機します。4.モーターの回転方向を変えた状態で(後退)、右に切りながら1.5周分回転します。5.モーターの回転方向を変えた状態で、左に切りながら1.5周分回転します。6.モーターを0.5周分回転させながらまっすぐ後退します。7.モーターを1周分回転させながらまっすぐ前進します。

サンプルプログラムをダウンロード7 KB、EV3 デスクトップソフトウェアが必要

発展オプション 子どもたちに駐車時に適した警告灯を再現するプログラムを作ってもらいましょう(例:EV3インテリジェント ブロック ステータス ライトを使ったバックライト)。回答例:リバースギアとバックライトをシミュレーションする

coding-01-03

1.プログラムを開始します。2.任意の速度でまっすぐ前進します。3.1秒間待機します。4.ライトを点灯させます(バックライト)。5.モーターの回転方向を変えた状態で(後退)、右に切りながら1.5周分回転します。6.モーターの回転方向を変えた状態で、左に切りながら1.5周分回転します。7.モーターを0.5周分回転させながらまっすぐ後退します。8.モーターを1周分回転させながらまっすぐ前進します。

サンプルプログラムをダウンロード7 KB、EV3 デスクトップソフトウェアが必要

発表する 子どもたちに、自分の作品や独自の考え、学習の成果を表現するのに最適だと思うツールを自由に選んでもらいましょう。文章、動画、画像、スケッチブックといったような、創造力を働かせる媒体を選ぶよう促してください。1つか2つのグループに完成したプログラムを発表してもらいましょう。上手くできた点と改善できる点を話し合います。評価の機会 プログラミング的思考スキルの具体的な評価基準は「評価」の章に掲載されています。

Continue(さらに続ける)

45分

テキストベースのプログラミングを使用する様々なプログラミング言語を比較できるよう、子どもたちにテキストベースのプログラミング言語について知ってもらいましょう。

Swift Playground - 回答例

ev3.move(forSeconds: 1.5, leftPort: .b, rightPort: .c, leftPower: 50, rightPower: 17)
ev3.move(forSeconds: 1, leftPort: .b, rightPort: .c, leftPower: -17, rightPower: -50)
ev3.move(forSeconds: 3, leftPort: .b, rightPort: .c, leftPower: 50, rightPower: 50)

ROBOT C - 回答例

#pragma config(StandardModel, "EV3_REMBOT")
//*!!Code automatically generated by 'ROBOTC' configuration wizard!!*//

/*
Create a three point turn using timing and steering.
*/

task main()
{
    //Turn to the right and stop after 1.5 seconds.
    setMotorSpeed(motorB, 50);
    setMotorSpeed(motorC, 17);
    sleep(1500);

    //Reverse to the left and stop after 1 second.
    setMotorSpeed(motorB, -17);
    setMotorSpeed(motorC, -50);
    sleep(1000);

    //You should now be straight and facing the other way. Drive off.
    setMotorSpeed(motorB, 50);
    setMotorSpeed(motorC, 50);
    sleep(3000);
}

サンプルプログラムをダウンロード1 KB、ROBOTCソフトウェアが必要

注意警告安全ではない可能性があります。

レゴ エデュケーションはROBOTCプラットフォームの所有権をもたず、ユーザー体験や使用される技術の品質に対するサポートまたは保証は提供いたしません。セットアップに必要な情報はROBOTCによって提供されています:robotc.net他のプログラミング言語を使用した後は必ずレゴ マインドストーム EV3 ブロックファームウェアを再インストールすることをおすすめします。EV3 ブロックの再インストール方法

そのほかのプログラミング言語

サンプルプログラムをダウンロード1 KB、ROBOTCソフトウェアが必要
サンプルプログラムをダウンロード1 KB、ROBOTCソフトウェアが必要

教師用サポート

以下のことに取り組みます:プログラミングによって、一連の指令を順番に実行できるという事を理解するアウトプットという概念に親しみ、車輪をつけたロボットが実行できる様々な動作を比較する

NGSS
MS-ETS1-1. / MS-ETS1-2. / MS-ETS1-3. / MS-ETS1-4.

CSTA
2-A-2-1 / 2-A-7-1 / 2-A-7-3 / 2-A-7-4 / 2-A-5-5 / 2-A-3-9 / 2-A-6-10 / 2-C-4-12 / 2-D-5-16 / 2-I-1-20

生徒用資料

生徒用ワークシート

Download to view and share the student worksheet.

Download, view or share the student worksheet, either as an online HTML page or a printable PDF

以下でシェア:

Google ClassroomGoogle Classroom