レゴ® エデュケーション SPIKE™ プライムセット

新しいプログラミングブロック

マイブロックを使うことで、アドバンスドライビングベースが素早く信頼性の高い動作ができるような、整理されたプログラムを作成します。

90~120分
発展
小学校高学年・中高
lesson-header

レッスンプラン

1.準備

  • レゴ・®エデュケーションSPIKEアプリの生徒用教材を読み、学習課題をよく理解しておきましょう。
  • このレッスンを完了するためには、生徒はアドバンスドライビングベースモデルを既に組み立てている必要があります。

2.取り組む (10分)

  • 次ページ「ディスカッションを活性化させる」セクションの「アイディア」を参考に、生徒の学習への関心を喚起します。
  • ビデオを使って取り組む学習課題の説明をします。

3.調べる (30分)

  • 2つのマーカーを組み立てます。組み立て作業は2人1組のペアで取り組ませます。
  • マイブロックのサンプルを実行させます。
  • 生徒に自分独自のマイブロックを作成させて、ドライビングベースを正方形に走行させます。

4.説明 (10分)

  • マイブロックをプログラムの中で使用する方法についてディスカッションを促します。
  • 全チームメンバーにプログラムの仕組みを理解させることがなぜ重要なのかについて話し合わせます。

5.拡張する (40分)

  • 生徒に、別のマイブロックを作成させましょう。今回はドライビングベースを円形に走行させます。
  • ドライビングベースが三角形に走行するようなマイブロックを作成させましょう。生徒に別の形にマーカーを置いて、挑戦してみるよう勧めましょう。
  • 忘れずにクリーンアップのための時間をとりましょう。

6.評価する

  • それぞれの生徒に身に付いた力を評価して伝えます。
  • 評価の際は、下で提示しているルーブリックを参考にしてください

ディスカッションを活性化させる

実際に競技用ロボットのビデオを見て、最適な方法を見出しましょう。これらの質問を使用して、ロボット競技会で成功したチームと効果的なプログラミング方法についてのディスカッションに生徒を取り組ませることができます。

  • 競技用のロボットはなぜ特定の順番でプログラムを実行するのでしょうか?
  • ロボットはなぜ2つ以上の課題の間で、開始地点に戻るのでしょうか?
  • ロボット競技において、効果的なプログラムを作るために必要なことは何でしょうか?

また、全員に学習課題を明確に把握させるため、このビデオを生徒に見せましょう。

lesson-header

組み立てのヒント

マーカーを使用する
アドバンスドライビングベースと2つのマーカーを使用して、さまざまな形にドライブベースを動かす練習をします。生徒に各形がどれくらい大きい、あるいは小さいか決めさせます。

teacher-marker

プログラミングのヒント

メインプログラム

SPIKE Competition Ready My code our program Step03-Program - ja-jp

解決方法

SPIKE Competition Ready My code our program Teacher-solution - ja-jp

差別化

学習に困る生徒が多い場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • マイブロックの作り方と使い方を説明する

この学習で物足りない場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • 生徒にドライビングベースを正方形に走行させるために、ジャイロセンサーを使用させます。
  • 複雑な道を作成し、それを横断するプログラムをどのくらい早く作成できるかチームに挑戦させます。
  • ドライビングベースはフィールドエリアの範囲内から出てはいけないことを考慮に入れながら、さまざまな道の付いた公式競技用のコースの上で練習させます。

学習評価

この学習におけるルーブリックの例
次のルーブリックを参考に、評価規準や判定基準を作成しましょう。
1.可
2.良
3.優

以下の成功基準を使用して、生徒の進度を評価します。

  • 生徒はマイブロックを使ったプログラムを作ることができる。
  • 生徒はプログラムを整理し、管理しやすくするために、マイブロックをどのように使用できるかを理解している。
  • 生徒は、競技中にマイブロックを素早く効果的に並び替えることによって、別の目的に使用できるということについて理解している。

自己評価
それぞれの生徒に、自分の成果に最もよくあてはまるブロックを選ばせます。

  • 青1個マイブロックを作った。
  • 黄色2個以上のマイブロックを作った。
  • 紫色マイブロックを使って様々なプログラムを作り、ドライビングベースの動作を変更するために並び替えることができた。

仲間の評価
次の方法で、生徒が他の生徒からフィードバックをもらえるよう促します。

  • 上記の色付きブロックのスケールを使用し、1人の生徒にお互いのパフォーマンスを評価させます。
  • 次のレッスンで、お互いに建設的なフィードバックをしあい、グループ全体のパフォーマンスを向上させましょう。
student-06

国語の発展課題

国語スキルの発達を取り入れるためには以下の内容を行います。

  • アドバンスドライビングベースの作り方、およびプログラムを管理し簡略化させるためにマイブロックを使う方法について発表をさせます。

注これにより、さらに長いレッスンをすることができます。

数学の発展課題

数学スキルの発達を取り入れるためには以下の内容を行います。
ドライビングベースで距離を計算するとき。

  • 1秒間、1回転あるいは度数だけ前進する。これを、進んだ距離によって合計距離を見積もるための基準として使います。
  • タイヤの外周を計算し、進んだ距離を測定するために使用します。 (外周 = Pi x 直径、あるいは外周 = Pi x 2 x 半径)

注これにより、さらに長いレッスンをすることができます。

職業適性

このレッスンを楽しむことができた生徒は、以下の進路について興味がある可能性があります。

  • ゲームプログラミング
  • ゲームプログラミング
  • アプリケーション開発

教師用サポート

生徒は以下のことに取り組みます。

  • マイブロックを使って、プログラムを整理する。
  • コーチに向けて、プログラムの動作方法について明確に説明をする。

レゴ® エデュケーション SPIKE プライムセット
レゴ® エデュケーションSPIKE拡張セット

小学校

  • クラブ活動
  • 中学校*
  • 技術家庭科:D情報の技術 (3)計測・制御のプログラミングによる問題解決、Cエネルギー変換の技術(2)エネルギー変換の技術による問題の解決             
  • 高校*
  • 総合的な探究の時間

生徒用資料

Download, view or share the student worksheet, either as an online HTML page or a printable PDF