レゴ® エデュケーション SPIKE™ プライムセット

配達物追跡

プログラミングスタックを作成し直して、紙の上の経路に沿って進むように、 X-Y 追跡デバイスを使用します。

90~120分
基礎
小学校高学年・中高
lesson-header

レッスンプラン

1. 準備

  • *レゴ・®エデュケーションSPIKEアプリの生徒用教材を読み、学習課題をよく理解しておきましょう。

2. 取り組む (5分)

*次ページ「ディスカッションを活性化させる」セクションの「アイディア」を参考に、生徒の学習への関心を喚起します。

    • ビデオを使って取り組む学習課題の説明をします。

3. 調べる (20分)

  • 追跡システムを組み立てます。組み立てには2人1組のペアで取り組ませます。
  • 紙を入れる方法について説明します。
  • 全てがうまく作動していることを確認するために、生徒にプログラミングスタックを実行させます。

4. 説明する (5分)

  • 生徒に、紙の上の経路に沿って進むプログラミングスタックを、組み合わせて1つのプログラムを作成させます。既存のプログラミングスタックを再利用できる事を強調します。

5. 詳しく考える (15分)

  • プログラムを再利用するときにパラメーターを調整していることを確認しながら、生徒に2番目のプログラムを実行させましょう。
  • 忘れずにクリーンアップのための時間をとりましょう。

6. 評価する

    • それぞれの生徒に身に付いた力を評価して伝えます。
  • 評価の際は、下で提示しているルーブリックを参考にしてください

ディスカッションを活性化させる

以下のような質問をして、テストについてのディスカッションを始めます。
*パターンとは何ですか?

  • 日常生活で見たり経験したりしたことがあるパターンについて説明することができますか?
  • 他の人のプログラムを使ってもいいのは、どのような場合ですか?

また、全員に学習課題を明確に把握させるため、このビデオを生徒に見せましょう。

lesson-header

組み立てのヒント

組み立て作業の分担
各ペアの組み立て作業を分担して、全員が積極的に参加できるようにします。

  • 生徒 A: トラッカーの上部
  • 生徒 B: トラッカーの下部とニードル
teacher-2parts

印刷マップ
このレッスンは、白紙の紙でもできますが、レッスンで提供しているシティマップも使うことができます。「シティマップ」は、様々な図形(直角、半円、対角線)で構成されています。

追跡システムでトラッカーニードルを使って経路に従って進むためには、プログラムの内容がいくつかのパターンで構成されていることに気づき、作ったプログラムをコピーする必要があります。

student-05

用紙の読み込み
紙の読み込み方法はこちらです。

student-03

トレーサーをプロッターに変える
トラッカーニードルをペンホルダーに交換することで、追跡システムをプロッターに変えることができます。自由に描くことを試せる時間を少し設けてください。

teacher-change-to-printer

プログラミングのヒント

メインプログラム

SPIKE Kickstart your business Track your packages Step03-Program ja-jp

解決方法

SPIKE Kickstart your business Track your packages Teacher Solution - ja-jp

他のプログラム

SPIKE Kickstart your business Track your packages Other Program - ja-jp

差別化

学習に困る生徒が多い場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • 初めに、垂直線、および水平線のみを使用する。 (それ以外は対角線を維持する)

この学習で物足りない場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • 生徒がさらに複雑な形を描けるように、新しいプログラミングスタックを作成する。
  • 2回分の授業を使用し、これらの概念についてさらに深く考えてみる。
  • 数学の発展課題を組み込む

学習評価

この学習におけるルーブリックの例
次のルーブリックを参考に、評価規準や判定基準を作成しましょう。
1.可
2.良
3.優

以下の成功基準を使用して、生徒の進度を評価します。

  • 生徒は、水平、垂直、対角線のような単純なパターンを見分けられる。
  • 生徒は、自分達の希望通りにプログラムを再利用できる。
  • 生徒は使用した独自のプログラムに、適切な属性を与えることができる。

自己評価

それぞれの生徒に、自分の成果に最もよくあてはまるブロックを選ばせます。

  • 青最初の地図をナビゲートするために、いくつかのプログラミングスタックを使用した。
  • 黄色 最初および次の地図をナビゲートするために、いくつかのプログラミングスタックを使用して調整した。
  • 紫色 最初および次の地図をナビゲートするためにいくつかのプログラミングスタックを使用して調整した。また自分のプログラムの中で既にコメントを使用している。

仲間の評価
次の方法で、生徒が他の生徒からフィードバックをもらえるよう促します。

  • 上記の色付きブロックのスケールを使用し、1人の生徒にお互いのパフォーマンスを評価させます。
  • 次のレッスンで、お互いに建設的なフィードバックをしあい、グループ全体のパフォーマンスを向上させましょう。
student-06

数学の発展課題

数学スキルの発達を取り入れるためには以下の内容を行います。

  • モーターの回転と追跡した線の長さの関係を見つけるために、生徒に表を作成させます。px + q = r.の形で、関係を変化させます。

注これにより、さらに長いレッスンをすることができます。

職業適性

このレッスンを楽しむことができた生徒は、以下の進路について興味がある可能性があります。

  • 建設業
  • アプリケーション開発
  • 情報サービス業
  • 自動車技術

教師用サポート

生徒は以下のことに取り組みます。

  • パターンを認識して、効果的なプログラムを作成できる能力を養う。

レゴ® エデュケーション SPIKE プライムセット

中学校

  • 技術家庭科:D情報の技術(1)生活や社会を支える情報の技術 (3)計測- 制御のプログラミングによる問題解決 

生徒用資料

Download, view or share the student worksheet, either as an online HTML page or a printable PDF