レゴ®エデュケーション SPIKE™ ベーシック

のりものリミックス

遊園地をオープンできるよう、未完成の乗り物を完成させましょう!

30~45分
入門
小学校低学年
Hybrid
Hybrid_2.png

概要

  • このレッスンではレゴ®エデュケーションBricQモーションベーシック個人学習キットを使います。キットがない場合はその他のレゴ ブロックや材料を使って構いません。
  • このレッスンでは、レゴ ブロックを使って遊園地の乗り物を制作します。次に、さらにブロックを追加して制作、テストを繰り返し、モデルを完成させます。
  • レッスンプレゼンテーションはこのレッスンの補足資料からアクセスいただけます。プレゼンテーションは、レッスンのペース配分や5E指導モデルの各ステージの進行に使用してください。

準備する

  • レッスンプレゼンテーションは補足資料からアクセスいただけます。
  • このレッスンを使用する最適なタイミングを検討してください。例えば、
    • 「楽しいゆう園地: さいこうの1日をエンジニアリング」ユニットの最初に導入用レッスンとして行う。
    • 「むかしながらのメリーゴーランド」や「おやつスタンド」のレッスンの前後にプロトタイプを制作しテストするプロセスの予習または復習として行う。
    • 「ゆめのゆう園地」のレッスンの前に
      、オープンプロジェクトに必要な基礎力を身につけるレッスンとして行う。
  • 必要に応じて、レッスンの前に次の関連語彙を説明しておくとよいでしょう: ブレインストーミング、くみ立てる、チャレンジ、プロトタイプ
  • 個人学習キットは各校の教材配布規則に従って配布してください。

関心を引きつける

(クラス全員、10分)

  • 自分のアイデアを誰かに伝えたり、フィードバックをしたりする方法について簡単な話し合いを促してください。
  • 何か気に入った点や気に入らなかった点について建設的なフィードバックをする方法について話してください。
  • 以下のように会話を始めると、児童にヒントを提供することができます:
    • 遊園地に新しくできた乗り物に乗ったと想像してください。この乗り物を考えたデザイナーに、どう思うか質問されました。何かその人に役立つことを教えてあげたいと思っています。
    • どのようなことを教えてあげるとよいですか?気に入った点と気に入らなかった点の具体的な例を挙げるにはどうすればよいですか?
    • フィードバックをする際は、あなたの考えをはっきりと伝えることが重要です。例えば、このような文章を使うとよいでしょう:
      • ~がすごいと思いました
      • ~についてもっと教えてください
      • 私は別のアイデアを使って~
  • 今度は立場を反対にしてみましょう。この乗り物をデザインしたのが自分だったと想像してください。誰かにこの乗り物を試してもらい、フィードバックを聞きたいと思っています。どのような質問をするべきでしょうか?
    • このような質問をするとよいでしょう:
      • ~についてどう思いますか?
      • どうすればこの乗り物を改善できると思いますか?
      • ほかに思ったことはありますか?
  • ストーリーのメインキャラクターであるソフィーを紹介し、ビジュアルプレゼンテーションのスライドを見せながら以下のストーリーを読み上げてください。
    • スライド3
       - ソフィーは ゆうえんちに みかんせいの のりものを 見つけました。
      
    • スライド4
        - ソフィーは 自分が のりものデザイナーになって、こののりものを かんせいさせたいと おもっています。
      
    • スライド5
        - ソフィーの ために みかんせいの のりものを つくりましょう。
      

探究する

(個人、15分)

  • 児童に個人学習キットを開封して
    ブロックを見てもらいましょう。
  • このレッスンには組み立て説明書はありません。スクリーンに
    表示されるモデルを真似して組み立てるよう指示してください。
  • 組み立てが終わったら、モデルをカメラの前に見せるか手を挙げてもらいましょう。
  • スライド6を表示してチャレンジを出します。
    • スライド6
      • のりものを かんせいさせるのが チャレンジです。
  • 児童が家にあるブロックを使って乗り物を制作する時間をとってください。
  • スクリーンに表示されている見本写真をヒントにしても構いませんが、真似する必要はないことを伝えてください。

説明する

(クラス全員、10分)

  • 組み立てが終わったら、順番にモデルを発表してもらいましょう。
  • 児童に効果的なフィードバックのお手本を示し、児童にも仲間にフィードバックをするよう促してください。
  • フィードバックをする際は相手の目を見ながらフレンドリーな話し方をし、具体的な例に集中し、自分のフィードバックに基づいて相手がモデルをどのように改善することができるかを考えるよう話してください。
  • フィードバックをする際は以下のような表現を使うよう促しましょう:
    • ~がすごいと思いました
    • ~についてもっと教えてください
    • 私も同じアイデアを使って~
    • 私は別のアイデアを使って~
    • ~するのはどうですか?

さらに実践する

(クラス全員、5分)

  • 先生や仲間からもらったフィードバックに基づいて、自分の乗り物を改善または改造する方法をブレインストーミングしてもらいましょう。
  • このような質問をしましょう:
  • 乗り物に何を付け加えたいですか?
  • 乗り物のどこを変更したいですか?
  • なくしたいものは何ですか?

評価する

(クラス全員、5分)

  • 児童に自信の高さを自己評価して、最も合うと思う色のブロックを手に取って見せてもらいましょう:
  • 赤のブロック: 仲間とフィードバックをやり取りできると思う。
  • 黄色のブロック: 仲間とフィードバックをやり取りできる。
  • 緑のブロック: 仲間とフィードバックをやり取りでき、クラスメートを手伝うこともできる。

教師用サポート

学習内容:

  • フィードバックのやり取りを練習する
  • 遊園地の乗り物を組み立て直し、リミックスする
    アイデアを説明しながらコミュニケーションスキルを伸ばす
  • 乗り物を完成させるアイデアをブレインストーミングする
  • レゴ®エデュケーションBricQモーションベーシック 個人学習キット (1人1セット)
  • レッスンプレゼンテーション (補足資料を参照してください)