レゴ®エデュケーション SPIKE™ ベーシック

おはようマシン

レオが 友だちに 「おはよう」を 言えるように 手つだって あげましょう!

30~45分
入門
小学校中学年
U5L1_web_thumbnail.png

準備

  • レゴ®エデュケーションSPIKEアプリ内にある おはようマシン のレッスンをよく読んでおきます。
  • 必要に応じて、レッスンの前に次の関連語彙を説明しておくとよいでしょう: チャレンジ、作る、イノベーション、プログラミング、テストアップグレード
  • それぞれの児童の能力や学習進度を考慮してください。全員がレッスンを楽しめるよう、必要に応じて個別化します。個別化 セクションを参考にしてください。
  • 時間に余裕があれば、国語の発展課題を準備して実施してください。詳しくは 発展課題 セクションを参照してください。

関心を引きつける

(クラス全員、5分)

  • 問題を解決するために必要なステップを特定するプロセスについて、簡単な話し合いを促します。
    • 手の届かない高い場所にある物を取りたい時にどうするか、児童と一緒に話し合ってください。
    • 以下のような質問をしてください:はじめに 何を しますか?その後は どうなりますか?
  • 物語の主な登場人物を紹介し、手を振るマシンを動かす、という最初のチャレンジを説明してください。
  • すべてのグループにブロックセットとデバイスを配布します。

探究する

(少人数グループ、30分)

  • レゴ®エデュケーションSPIKEアプリを使いながら最初のチャレンジに取り組んでもらいます:
    • 手を振るマシンを動かすプログラムを作成してテストする。
  • 繰り返し作業とモデルのテストを通して、アプリ内にある2つのチャレンジを完了するように指示します:
    • 手を振るマシンのプログラムをアップグレードする。
    • オリジナルの手を振るマシンをデザインする。
  • プログラミングと組み立てに役立つ情報は ヒント セクションを参照してください。

説明する

(クラス全員、5分)

  • クラス全員を集めて、取り組んだチャレンジについて考察を促します。
  • 以下のような質問をしてください:レオの 問題は 何でしたか?その問題の かい決を どのように 手つだって あげましたか?レオの 手を ふる マシンを どのように かいぜんしましたか?

さらに実践する

(クラス全員、5分)

  • 問題を明確にし、理解する方法について、話し合いと考察を促してください。
  • 以下のような質問をしてください:何が 問題なのかを 理かいする ことが 大切なのは なぜですか?問題に ついて くわしく 知る ためには、 どんな しつ問を するべきですか?
  • 作業に使ったスペースを片付けてもらいましょう。

評価する

(レッスン全体を通して)

  • 児童がモデル制作やプログラミングをする際に行った決断の思考プロセスや論理付けについて、「考えを口に出して」説明するよう声かけをします。

この学習におけるルーブリックの例

  • それぞれの児童に対して、与えられた問題を明確にして理解する能力を評価してください。
  • 状況に合った評価基準を作成しましょう。以下はその例です。
    1. 追加の支援を必要とする。
    2. 支援を受けずに作業できる。
    3. 他の児童に教えることができる。

自己評価

  • それぞれの児童に、自分の成果に最もよくあてはまるブロックを選ばせます。
    • 黄: 問題を 明かくに して 理かいする ことが できると 思う。
    • 青: 問題を 明かくに して 理かいする ことが できる。
    • 緑: 問題を 明かくに して 理かいする ことが でき、 クラスメートを 手つだう ことも できる。

仲間とのふり返り

  • グループごとに、一緒に作業をした体験について話し合ってもらいます。
  • 以下のような言葉を使うように促してください:
    • ...したのは、 とても よかったと 思う。
    • どうやって...したのか、 もう少し 聞きたいな。

ヒント

プログラミングのヒント

  • 最初のチャレンジが完了したら、3つの見本プログラムを参考にしながら、プログラムの修正に取り組んでもらいます。
  • 見本プログラムは児童の想像力を刺激し、試行錯誤しながらオリジナルの解決方法を見つけるプロセスを助けます。
Gecko U5L1_ICB_1 - ja-jp
Gecko U5L1_ICB_1 - ja-jp
Gecko U5L1_ICB_2 - ja-jp
Gecko U5L1_ICB_3 - ja-jp

組み立てのヒント

  • 2番目のチャレンジが完了したら、3つの見本写真とオープンエンドのタスクを参考にしながら、モデルの改善に取り組んでもらいます。
  • 見本写真は児童の想像力を刺激し、試行錯誤しながらモデルを改造するプロセスを助けます。
U5L1_inspiration_img_1.png
U5L1_inspiration_img_1.png
U5L1_inspiration_img_2.png
U5L1_inspiration_img_3.png

このチャレンジには組み立て説明書はありません。

個別化

学習に困る児童が多い場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • モデルのカスタマイズに取り組む際に見せる見本写真を1枚だけにする。
  • プログラムとモデルデザインのどちらかだけをカスタマイズする。

この学習で物足りない場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • プログラムに使われている新しいプログラミングブロックを調べる。
  • 手を振るマシンのデザインに使うモーターやセンサーを増やす。

発展課題

  • さまざまな文化圏における朝のあいさつについて、簡単な調べ学習をしてもらいましょう。

発展課題を行うと、45分間を超える授業をすることができます。

 

教師用サポート

学習内容:

  • 課題を定義し、理解する
  • ブレインストーミングと繰り返し作業を通して、説明されたニーズを満たす解決方法を作る
  • 話し合いに効果的に参加する

(児童2人につき1つ)

  • レゴ®エデュケーションSPIKETMベーシックセット
  • レゴ®エデュケーションSPIKEアプリをインストールしたデバイス

国語
知識及び技能
(2) 情報の扱い方に関する事項
思考力,判断力,表現力等
A 話すこと・聞くこと、B 書くこと

生徒用資料

生徒用ワークシート

オンラインの HTMLページまたは印刷可能なPDFのいずれかとしてダウンロード、表示、共有いただけます。