BricQモーション ベーシック

ホッケーの練習

ホッケー選手とゴールキーパーを作りましょう!ペナルティーショットを入れたりゴールを守ったりする際に働く様々な押す力と引く力について調べます。

30~45分
基礎
小学校低・中学年向け
Hybrid
U1L3.Thumbnail.png

準備

  • 付属の生徒用資料をよく読んでおきます。授業ではプロジェクターを使って生徒用資料を表示すとよいでしょう。
  • 関連性のある概念 (押す力と引く力など) を前のレッスンですべて学習しておいてください。
  • それぞれの生徒の能力や学習進度を考慮してください。全員がレッスンを楽しめるよう、必要に応じて個別化します。下の個別化セクションを参考にしてください。

関心を引きつける

(クラス全員、5分)

  • ここで生徒用ビデオを見るか、付属の生徒用資料から再生してください。
U1L3.EngageThumbnail.png
  • ホッケーゲームで働く引く力と押す力について簡単なディスカッションを促します。
  • パック、選手、ゴールキーパー、ショットを入れる、ショットをブロックするといった表現を解説します。
  • ゆっくり、普通、速いなど速さの異なる「押す力」と「引く力」という概念について解説します。
  • 次のような質問をしてください:
    • ホッケーとは何ですか?
    • パックはどのように動きますか? (選手はパックをどのように動かしますか?)
    • 選手はどのようにしてパックを異なる速度 (遅い、速い) で動かしていますか?
    • これからホッケー選手とゴール、ゴールキーパーを組み立てることを説明します。
  • すべてのグループにセットを配布します。

探究する

(少人数グループ、25分)

  • 生徒をペアに分け、「ホッケーの練習」のモデルを組み立ててもらいます。ブロックを探す役と組み立てる役を、ステップごとに交代しながらモデルを完成させるよう指示してください。
  • 組み立てに役立つ情報は下のヒントを参照してください。
  • 生徒がモデルを完成させたら、下のように誘導しながら実験を進めます:
    • モデルを30cmの間隔を空けてなめらかな面 (カーペットのない床、テーブルなど) に並べるよう指示します。
    • 3ショットごとに選手とキーパーの役を交代するよう伝えます。
    • ゆっくり、普通、速いの3段階の強さの引く力でショットを入れたりブロックしたりする練習をします。
    • ゴールが入ると選手は1点を獲得します。生徒用ワークシートに得点を記録させましょう。
    • 引く力の強度を変えるごとに実験を3回行い、合計9回ショットを打ちます。

説明する

(クラス全員、5分)

  • 生徒を集めて、組み立てたモデルについて発表させます。
  • 次のような質問をしてください:
    • ハンドルを押すと何が起こりますか?それはなぜですか?
    • ハンドルを引くとホッケー選手はどのように動きますか?それはなぜですか?
    • 力の強度を段階的に変えていった際、パックの動きについてどのようなことに気づきましたか?
    • 力の強度を段階的に変えていった際、ゴールに入った回数とゴールを外した回数について、何か気づいたことはありましたか?*(押す力が大きい方が、速度を素早く上げたり下げたりすることができることを説明してください。パックをゴールに入れたりブロックしたりするには、弱い力や普通の力で十分な場合もあります。)*

さらに実践する

(クラス全員、10分)

  • ゲームをさらに面白くする方法や、モデルの性能を向上させるための変更点を考えてもらいます。グループの中でアイデアを話し合わせます。
  • 生徒がモデルを解体してブロックをトレーに仕分けし、作業スペースを片付ける時間を5分設けてください。

評価する

(レッスン全体を通して)

  • 授業中に生徒に「なぜ」や「どのように」といった質問を投げかけて、学習の中心となっている概念についての考察を促してください。
  • 組み立てながらモデルの動きを試し、どの部分が押し、どの部分が引いているのかを説明するよう促します。
  • 生徒がモデル制作をする際に、問題を解決するために行った決断の思考プロセスや論理付けについて、「声に出して考え」たり説明するような声かけをします。

この学習におけるルーブリックの例

  • それぞれの生徒が、様々な力を加えることで押す力や引く力がどの様に物体の速度を上げたり下げたりするか説明する力を評価します。
  • 次のルーブリックを参考に、評価規準や判定基準を作成しましょう。
    1. 追加の支援を必要とする
    2. 支援を受けずに作業できる
    3. 他の生徒に教えることができる

自己評価

  • それぞれの生徒に、自分の成果に最もよくあてはまるブロックを選ばせます。
    • 緑:「押す力」の意味を説明することができると思う。
    • 青:「押す力」の意味を説明することができる。
    • 紫:「押す力」の意味を説明することができ、クラスメートの理解を助けることもできる。

仲間のフィードバック

  • グループごとに、グループで一緒に作業をした体験について話し合ってもらいます。
  • 下のような文章を使うよう促してください:
    • 君が…したのはとても良かったと思う。
    • 君が…した時のことについてもう少し聞きたいな。
45401-assessment.png

ヒント

組み立てのヒント

  • このモデルは難易度がやや高めです。組み立てには最高20分がかかります。20分が経過した時点で少なくとも選手のモデルが完成しているはずです。20分でいったん作業をやめさせ、パックを動かす練習をさせることをおすすめします。キーパーとゴールが完成していないグループがあればテーブルにブロックを2つ置いてゴールの代わりにします。
  • 選手のモデルの歯車ラックは固定されていません。数字がついた滑かな青いブロックの上をすべるようにデザインされており、みどりのブロックと2x4のサイズの黄色のブロックで「ロック」できます。ラックは歯車によって押さえられています。
U1L3.01.png

個別化

学習に困る生徒が多い場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう:

  • パックプッシャーが完成した時点で組み立てを止めさせ、自分の手や目印になるものをゴールの代わりに使わせる

この学習で物足りない場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう:

  • ゆっくり、普通、速いの3段階の強さで引き、ゴールに入れば1点を記録させる
  • 選手のモデルの青い歯車を緑の歯車と入れ替える方法を見つけ、様々な力をかけて2つの歯車を比較させる
  • 各チームにオリジナルのホッケーリンクをデザインさせる

発展課題

数学の発展課題 (注:時間が別途必要です。)
数学スキルの向上を図るには、ホッケーの試合を行い、得点が+20 または -20に達した時点で止めさせます。ルール:

  • 選手:ゴールに入れば +1点、外せば -1とします
  • キーパー:ショットをブロックできれば +1点、ゴールに入れば -1とします
  • 得点は生徒用ワークシートに記録させるか、ブロックを使い、得点と失点の度にブロックを1つ足したり減らしたりして記録することもできます。

小学校学習指導要領算数 第2-第1学年-2-A-(2)

1:1 ハイブリッド学習

ハイブリッド学習向け資料のページから、個人学習キットのレッスンプランをダウンロードしてください。

教師用サポート

学習内容:

  • 押す力と引く力を様々に変えた場合、物体の運動にどのような効果を及ぼすか調べる
  • ラックとピニオンのメカニズムが直線状の引く力を回転する押す力に変換する仕組みを見る
  • レゴ® エデュケーション BricQモーション ベーシック セット (生徒2人あたり1セット)

小学校学習指導要領
国語 1~4年生 考える力、 説明や経験の報告、グループで話し合う
算数 1~3年生 2位数、分数、mm、cm、秒
理科 3~6年生 予想や仮説、観察、実験、計測して制御する
生活 具体的な活動や体験、他教科との関連、比べる、試す、見通す、工夫する
図画工作 創造的につくったり表したりする、つくりだす喜びを味わう
総合的な学習の時間 探求的な見方・考え方、横断的・総合的な学習を行う

生徒用資料

生徒用ワークシート

Download to view and share the student worksheet.

以下でシェア:

Google ClassroomGoogle Classroom