レゴ® エデュケーション SPIKE™ プライムセット

設計のアイディア

新しい「もの」について、定義し、改良して伝えます。

30~45分
入門
小学校高学年・中高
lesson-header

レッスンプラン

1.準備

  • レゴ・®エデュケーションSPIKEアプリの生徒用教材を読み、学習課題をよく理解しておきましょう。
  • 初めてレゴ・エデュケーションSPIKEプライムセットを使う場合は、アプリの「スタートガイド」を使用しましょう。そうすることで、生徒が教育版® レゴ・エデュケーションSPIKEプライムに触れる機会を作りましょう。

2.取り組む (3分)

  • 次ページ「ディスカッションを活性化させる」セクションの「アイディア」を参考に、生徒の学習への関心を喚起します。
  • ビデオを使って取り組む学習課題の説明をします。

3.調べる (12分)

  • 「もの」を組み立てます。組み立てには2人1組のペアで取り組ませます。
  • 生徒にプログラムを実行させて、動作を確認させましょう。

4.説明 (10分)

  • 生徒に、少し時間を与えて、「もの」の目的を思いつかせます。
  • 生徒に「もの」が目的を実現するようにモデルを変更させたり、プログラミングを変更させたりします。
  • 生徒が自分の考えについて説明できるようにします。

5.詳しく考える (15分)

  • ペア毎に交代で、自分達らしい「もの」を発表させます。
  • なぜ素晴らしいか、その理由をペアがはっきりと伝えられるようにします。
  • 忘れずにクリーンアップのための時間をとりましょう。

6.評価する

  • それぞれの生徒に身に付いた力を評価して伝えます。
  • 評価の際は、下で提示しているルーブリックを参考にしてください

ディスカッションを活性化させる

アイディアを伝える別の方法についてディスカッションします。

  • 議論とは?
  • 証拠とは?
  • 間違った考えとは?

また、全員に学習課題を明確に把握させるため、このビデオを生徒に見せましょう。

lesson-header

組み立てのヒント

面白い仕組み
この「もの」は、何かをある面から別の面に回転させるために、Lモーターを使います。それが何か、どのように使うか思いつくことができるのかは、生徒達次第です。

teacher-thing

機能を追加する
このレッスンを多様性に富んだものにするために、センサーを追加することができます。

  • 「もの」の動きを開始または停止させるためにフォースセンサーを使います。
  • 動きを検知し、「もの」が動き出すきっかけに距離センサーを使います。
teacher-more-build

プログラミングのヒント

メインプログラム

SPIKE Extra resources What is this Step03-Program - ja-jp

解決方法

SPIKE Extra resources What is this Teacher Solution - ja-jp

他のプログラム

SPIKE Extra resources What is this Teacher Other - ja-jp

差別化

学習に困る生徒が多い場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • 商店を置くエリアを割り当てる (例 特定の環境またはおもちゃ)。これによって背景が与えられ、生徒の思考プロセスを向上させることができます。

この学習で物足りない場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • 各ペアに、最終モデルに少なくとも1つ以上のセンサーを入れるように求めます。センサーを選択させます。
  • 生徒に前の授業のアイディアは使えないという制約を与えて、このレッスンを続けて2回実施します。
  • 国語の発展課題を組み込む

学習評価

この学習におけるルーブリックの例
次のルーブリックを参考に、評価規準や判定基準を作成しましょう。
1.可
2.良
3.優

以下の成功基準を使用して、生徒の進度を評価します。

  • 生徒は「もの」の機能について説明できる。
  • 生徒は自分の希望と照らし合わせて、「もの」のメリットについて説明できる。
  • 生徒は効果的な議論をすることができる。

自己評価

それぞれの生徒に、自分の成果に最もよくあてはまるブロックを選ばせます。

  • 青どのように「もの」が動作するのか説明できる。
  • 黄色どのように物が動作するかを詳細に説明し、その「もの」に何がうまくできるかを強調することができる。
  • 紫色 自分が世界で一番素敵な「もの」を発明したことを、人に納得させることができる。

仲間の評価
次の方法で、生徒が他の生徒からフィードバックをもらえるよう促します。

  • 上記の色付きブロックのスケールを使用し、1人の生徒にお互いのパフォーマンスを評価させます。
  • 次のレッスンで、お互いに建設的なフィードバックをしあい、グループ全体のパフォーマンスを向上させましょう。
student-06

国語の発展課題

国語スキルの発達を取り入れるためには以下の内容を行います。

  • 学校規模で「ものフェア」を開催します。ここでは、さまざまな観客の前で自分のアイディアをわかりやすく伝えなければなりません。学校の中で最良の「もの」を見つけましょう。
  • 「アイディア奨励」コンテストを開催します。何名かの生徒に起業家の役割を、別の生徒にはスポンサーの役割を演じさせます。その後、役割を交換します。

注これにより、さらに長いレッスンをすることができます。

職業適性

このレッスンを楽しむことができた生徒は、以下の進路について興味がある可能性があります。

  • 金融業
  • 教育・学習支援関連業
  • インターネットメディア業

教師用サポート

生徒は以下のことに取り組みます。

  • コミュニケーションスキルを伸ばして、実践します。

レゴ® エデュケーション SPIKE プライムセット

小学校

  • 総合的な学習の時間
  • 中学校*
  • 技術家庭科:D情報の技術 (3)計測- 制御のプログラミングによる問題解決、Cエネルギー変換の技術(2)エネルギー変換の技術による問題の解決             

生徒用資料

Download, view or share the student worksheet, either as an online HTML page or a printable PDF