レゴ® エデュケーション SPIKE™ プライムセット

世の中の役に立つ設計

デザインプロセスを使用して、プロテーゼ(人工器官)に関連した現実の問題を解決する。

120分以上
基礎
小学校高学年・中高
lesson-header

Lesson Plan

1.準備

  • *レゴ・®エデュケーションSPIKEアプリの生徒用教材を読み、学習課題をよく理解しておきましょう。
  • このプロジェクトは複数回の授業で行うように設計されているので、それに合わせて計画しましょう。

パート A

2.取り組む (15分)

*次ページ「ディスカッションを活性化させる」セクションの「アイディア」を参考に、生徒の学習への関心を喚起します。

    • ビデオを使って取り組む学習課題の説明をします。

3.調べる (30分)

  • 生徒にブレインストーミングの時間を与える。
  • 生徒にペアで試してみたい2つのアイディアを選択させる。

パート B

4.説明する (45分)

  • 各生徒のペアに選択した2つの解決方法のアイディアを作成させ、動作をテストさせます。
  • 生徒がテストを行う際に、結果を記入するための表を作成していることを確認します。

パート C

5.詳しく考える (45分)

  • 結果について発表することで、各ペアに結果の共有をするように促します。

6. 評価する

    • それぞれの生徒に身に付いた力を評価して伝えます。
  • 評価の際は、下で提示しているルーブリックを参考にしてください

ディスカッションを活性化させる

プロテーゼに関して、また誰かの手を何かと置き替える必要がある場合に生徒が何をするかについて、ディスカッションを開始します。

  • 生徒に、手足のない人について、そしてプロテーゼを使ってしたいことは何か考えさせます。
  • 手の再発明について深く考えさせます。シェフや技術者、生徒は、手の代わりに何を使うと良いと思いますか?
teacher-ignite-discussion

David Aguilar Amphoux

組み立てのヒント

自由な解決方法
このプロジェクトは、生徒が独自の解決方法を持てるように設計されています。

解決方法の例
生徒全員に、同じロボットアームを作らせることによって開始地点を同じにします。生徒に、大きな物体をつかむなどの特定の機能を設計することにより、自分独自のモデルを作成させます。

アイディアの実現可能性を確認するためにこれらを使用することができます。

teacher-example
lesson-header

プログラミングのヒント

メインプログラム

SPIKE Invention-Squad Design for Someone Teacher Solution ja-jp

差別化

学習に困る生徒が多い場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • 生徒の開始地点をそろえるために、レッスンの解決方法を使う。
  • 果物を摘んだり、ドアの取手を回したりするなどの特定の作業に絞る。

**この学習で物足りない場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • 病院、大学のプロテーゼ(人工器官)を扱う部門から専門家を招いて、教室で話をしてもらいます。
  • 専門家とペアを組んで、人の役に立つ現実生活の問題解決方法を作成します。
  • もし利用できる場合は、3Dプリンターやレーザーでカットしたパーツを使います。

学習評価

この学習におけるルーブリックの例
次のルーブリックを参考に、評価規準や判定基準を作成しましょう。
1.可
2.良
3.優

以下の成功基準を使用して、生徒の進度を評価します。

  • 生徒は問題の重要な要素を見出すことができる。
  • 生徒は自主的に、実用的で独創的な解決方法を開発している。
  • 生徒は自分のアイディアをはっきりとわかりやすく伝えることができる。

自己評価

それぞれの生徒に、自分の成果に最もよくあてはまるブロックを選ばせます。

  • 青新しいロボットハンドをうまく作ることができた。
  • 黄色独創的な方法によって希望する機能を果たす、新しいロボットハンドをうまく作ることができた。
  • 紫色独創的な方法によって希望する機能を果たす、新しいロボットハンドをうまく作ることができた。またはっきりとわかりやすくアイディアを発表することができた。

仲間の評価
次の方法で、生徒が他の生徒からフィードバックをもらえるよう促します。

  • 上記の色付きブロックのスケールを使用し、1人の生徒にお互いのパフォーマンスを評価させます。
  • 次のレッスンで、お互いに建設的なフィードバックをしあい、グループ全体のパフォーマンスを向上させましょう。
student-06

国語の発展課題

国語スキルの発達を取り入れるためには以下の内容を行います。

  • プロジェクトを文書にするために発明ノートを作ります。デザインプロセスを記録するために、文字や画像、ビデオ、スケッチなどを使用させます。
  • 生徒により広い場で発表させます。(例 科学フェアの会場でプロジェクトを発表させる。)

職業適性

このレッスンを楽しむことができた生徒は、以下の進路について興味がある可能性があります。

  • バイオ技術者
  • 医療・保健関連業
  • 医療助手
  • 情報サービス業

教師用サポート

生徒は以下のことに取り組みます。

  • デザインプロセスを使って、現実世界の問題を解決するための方法を作成する。

レゴ® エデュケーション SPIKE プライムセット

小学校

  • 総合的な学習の時間の時間      
  • 理科、社会:問題解決方法のモデル化と発表
  • 中学校*
  • 技術家庭科:D情報の技術(1)生活や社会を支える情報の技術 (3)計測- 制御のプログラミングによる問題解決
    高校
  • 情報:情報Ⅰ (3) コンピュータとプログラミング、情報Ⅱ (5) 情報と情報技術を活用した問題発見- 解決の探究  

生徒用資料

生徒用ワークシート

Download, view or share the student worksheet, either as an online HTML page or a printable PDF

以下でシェア:

Google ClassroomGoogle Classroom