レゴ®エデュケーション SPIKE™ ベーシック

ぬまのボート

ソフィーがワニのたまごを見つけました!近くにワニがいるのでしょうか?

30~45分
入門
小学校中学年
U3L4_web_thumbnail.png

準備

  • レゴ® エデュケーション SPIKE アプリ内にある ぬまのボート のレッスンをよく読んでおきます。
  • 必要に応じて、レッスンの前に次の関連語彙を説明しておくとよいでしょう: まん足、しゅう正、知らせる、かんさつするよそうする
  • それぞれの生徒の能力や学習進度を考慮してください。全員がレッスンを楽しめるよう、必要に応じて差別化します。差別化セクションを参考にしてください。
  • 時間に余裕があれば、算数の発展課題を準備して実施してください。詳しくは発展課題セクションを参照してください。

関心を引きつける

(クラス全員、5分)

  • 目標を達成するために既存のものを修正することについて、簡単なディスカッションを促します。
    • 水中にあるものを見る必要がある状況について、先生も一緒にクラス全員で話し合ってください。
    • 以下のような質問をしてください:水の中が見えるようにするには、目のどこをかえればいいでしょうか?何がいりますか?
  • 物語の主な登場人物を紹介し、ボートがワニに近づいたらソフィーに知らせる、という最初のチャレンジを説明してください。
  • すべてのグループにブロックセットとデバイスを配布します。

探究する

(少人数グループ、30分)

  • レゴ® エデュケーション SPIKE アプリを使いながら最初のチャレンジに取り組んでもらいます:
    • ボートがワニに近づいたらソフィーに知らせるプログラムを作成してテストする。
  • 繰り返し作業とモデルのテストを通して、アプリ内にある2つのチャレンジを完了するように指示します:
    • ボートがワニに近づいたことを別の方法でソフィーに知らせることができるようにプログラムを修正する。
    • ソフィーが別の動物を発見できるようにボートをアップグレードする。
  • プログラミングと組み立てに役立つ情報はヒントセクションを参照してください。

説明する

(クラス全員、5分)

  • クラス全員を集めて、取り組んだチャレンジについて考察を促します。
  • 以下のような質問をしてください:ソフィーはワニが近くにいることがどうやって分かりましたか?ボートがワニに近づいたことを知らせる仕組みをどのようにかえましたか?そのあとボートは何をしましたか?

さらに実践する

(クラス全員、5分)

  • 既存のプログラムを修正する方法について、ディスカッションと考察を促してください。
  • 以下のような質問をしてください:すでにあるプログラムをしゅう正する力が重ようなのはなぜですか?プログラムをしゅう正する時、どのプログラミングブロックを使うか、どうやってきめましたか?
  • 作業に使ったスペースを片付けてもらいましょう。

評価する

(レッスン全体を通して)

  • 生徒がモデル制作やプログラミングをする際に行った決断の思考プロセスや論理付けについて、「声に出して考え」たり説明するような声かけをします。

この学習におけるルーブリックの例

  • それぞれの生徒に対して、既存のプログラムを修正する能力を評価してください。
  • 状況に合った評価基準を作成しましょう。例:
    1.追加の支援を必要とする
    2.支援を受けずに作業できる
    3.他の生徒に教えることができる

自己評価

  • それぞれの生徒に、自分の成果に最もよくあてはまるブロックを選ばせます。
    • 黄:すでにあるプログラムをしゅう正できると思う。
    • 青:すでにあるプログラムをしゅう正できる。
    • 緑:すでにあるプログラムをしゅう正でき、クラスメートを手つだうこともできる。

仲間のフィードバック

  • グループごとに、一緒に作業をした体験について話し合ってもらいます。
  • 下のような文章を使うように促してください:
    • 君が…したのはとてもよかったと思う。
    • 君がどうやって…したのかもう少し聞きたいな。

ヒント

プログラミングのヒント

  • 最初のチャレンジが完了したら、3つの見本プログラミングブロックを参考にしながら、プログラムの修正に取り組んでもらいます。
  • 見本プログラミングブロックは生徒の想像力を刺激し、試行錯誤しながらオリジナルの解決方法を見つけるプロセスを助けることを目的としています。
Gecko U3L4_ICB_1 - ja-jp
Gecko U3L4_ICB_1 - ja-jp
Gecko U3L4_ICB_2 - ja-jp
Gecko U3L4_ICB_3 - ja-jp

組み立てのヒント

  • 2番目のチャレンジが完了したら、3つの見本写真とオープンエンドのタスクを参考にしながら、モデルの改善に取り組んでもらいます。
  • 見本写真は生徒の想像力を刺激し、試行錯誤しながらモデルを改造するプロセスを助けることを目的としています。
U3L4_inspiration_img_1.png
U3L4_inspiration_img_1.png
U3L4_inspiration_img_2.png
U3L4_inspiration_img_3.png

このチャレンジには組み立て説明書はありません。

差別化

学習に困る生徒が多い場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう。

  • レゴ® エデュケーション SPIKE アプリ内にある ぬまのボート のストーリーと指示を先生が音読する
  • モデルの改造に取り組む際に見せる見本写真を1枚だけにする

この学習で物足りない場合は、次のように学習方法を工夫してみましょう:

  • プログラムに使われている新しいプログラミングブロックに親しむ
  • ペアでお互いのプログラムを修正して性能を改善するように促す

発展課題

  • ソフィーのボートが検出する動物の数を記録してもらいましょう。棒グラフを作り、それぞれの動物に何匹多く (または少なく) 遭遇したかを計算するように指示します。

発展課題を行うと、45分間を超える授業をすることができます。

算数:

教師用サポート

学習内容:

  • 既存のプログラムの中で修正するべき部分を特定する
  • プログラムをテストし、修正するべき部分を特定する
  • 関連する事実と詳細を交えながら過去の体験について話す

(生徒2人につき1つ)

  • レゴ® エデュケーションSPIKETM ベーシック セット
  • レゴ® エデュケーション SPIKE アプリをインストールしたデバイス

国語
知識及び技能
(2) 情報の扱い方に関する事項
思考力,判断力,表現力等
A 話すこと・聞くこと
算数
D データの活用
1 表と棒グラフ

生徒用資料

生徒用ワークシート

オンラインの HTMLページまたは印刷可能なPDFのいずれかとしてダウンロード、表示、共有いただけます。